部品仕上げ  Part mirror surface finish

・部品仕上げには、数多くの工具を使用し、時間と手間をかけ、一つずつ丁寧に仕上げていきます。

ヤスリがけでは、部品の形などが変わってしまう恐れなどもあるため慎重に作業しなければならず、たくさんの時間を必要とします。

 

To finish the parts, we use a lot of tools, spending time and effort, we will finish carefully one by one.

 

In fileing, there are fears that parts shape etc. will change, etc., so we have to work carefully and require a lot of time.

・時計部品のアンクル受けのネジ留め部、穴石周りを

 専用の工具で掘り下げていきます。

 穴石周りにアクセントをつけ、ルビーの石を美しく

 見せるために施します。

 最終的に鏡面に輝かせることで時計の価値や存在感を

 より一層高めていきます。

 

・Screw part of the pallet bridge of the watch parts, around the hole stone

I will drill down with a special tool.

Apply accent around hole stone and give it to make ruby stone look beautiful.

We will further enhance the worth and presence of the watch by finally shining on the mirror

・部品周りなどを面取りすることを考慮し適したサイズで

 掘り下げていきます。

 対となる穴も同じ大きさになるよう注意しなければ

 なりません。

 

・Considering chamfering around the parts etc, we will dig into the appropriate size.

Care must be taken to make the paired holes the same size.

・専用の治具を使い部品の側面を

 ヘアライン加工を施していきます。

 

・We will apply hairline processing to the side of the part using a special jig.

・通常部品は生産時、接続部分や切削跡が残るため

 側面仕上げを施さなければ綺麗な仕上げ

 にはなりません。

 

・Usually parts will not be beautiful finish unless side finish is applied because connecting parts and cutting marks remain. 

.hairline.processing.

・ヘアライン加工を施すことにより

 後の面取り加工の美しさにつながります

 ので重要な作業となります。

 

・Because it leads to the beauty of the subsequent chamfering processing by applying hairline processing it becomes a very important work.

・側面仕上げが終わると、ヤスリを使い面取りを

 施していきます。

 非常に時間と手間がかかりますが、時計の価値を

 決める大事な行程です、慎重に作業します。

 

・When the side finish is over, we apply a chamfer using a file.

It takes a lot of time and effort, but it is an important process to decide the value of the watch, we will work carefully

・ヤスリから順にエメリースティック(#600, #800

 #1000, #1500, #2000, #4000, #6000, #8000 )

 と仕上げていき、超硬の磨き棒を用いて艶出し仕上げ

 をしていきます。

 

・From file to emery stick

(# 600, # 800, # 1000, # 1500, # 2000, # 4000, # 6000, # 8000)

I will finish and I will polish the surface using a cemented carbide polish stick.

・アンクル受けのネジ留め周り、穴石周りを鏡面に

 磨いていきます。

 専用の治具を用いて弓を上下に動かしながら仕上げて

 いきます。

 

・I will polish the periphery of the hole stone around the screwing around the pallet bridge to a mirror surface.

We will finish while moving the bow up and down using a dedicated jig.

・磨き終わると美しさがさらに際立ちます。

 この後部品周りの最終仕上げに移ります。

 

・Finish and beauty shine will further stand out.

After this we will move on to the final finish around the parts.

・磨き棒にペースト状の研磨剤を使用し鏡面仕上げ

 にしていきます。

 磨き終わった部品は傷のない美しさを引き出します。

 

・We will use a polishing agent in the form of a paste to polish the surface to mirror finish.

Parts that have been polished draw out scratch-free beauty.

・また鏡面処理は防錆効果も期待でき、時計の価値を

 高めるため丁寧に仕上げなければなりません。

 

・Mirror surface treatment can also expect rust prevention effect and you have to finish it carefully to increase the watch's value.

・最後に部品の表面を装飾加工していきます。

 放射目模様をつけていきます。

 

・Finally we decorate the surface of the parts.

I will attach radiant eye pattern.

・メッキをかけて完成となります。

 

・It will be completed with plating