時計製作師として、エングレービングを手がける意味

現在大手の時計メーカーでは、時計の製造、製作と彫金(エングレービング)は分業化されているのがほとんどであり

それぞれの職人が、分業化の中で一本の時計を

完成させていくという産業構造になっています。

 

私は学生時代に彫金(エングレービング)と出会い、独学で学び今日に至ります。

 

 

時計の製作と彫金を一人で全て行うことで

他にはない自由な発想で、作品を仕上げることができます。

 

 

超硬の素材を加工してビュランという工具を製作し鏡面に仕上げたのち

一手一手丁寧に彫り進めていきます。

失敗は許されずムーブメントがほぼ完成された後での作業になりますので非常に神経の使う作業になります。

 

こうして彫金(エングレービング)が施されたムーブメントはさらに時計としての価値を高め

同じものが一つとしてない工芸品のような

 

オンリーワンのユニークピースとなるよう思いを込めて製作しています。

 

 

In the major watchmakers, production, production and engraving (engraving) of watches are mostly divided into divisions

Each craftworker has a watch in division of labor

It is an industrial structure that it completes.

 

I met chivalrous engraving (engraving) in my school days, I am learning by myself and arrive today.

  

By making watches and engraving all by themselves

With no other ideas, you can finish your work.

 

After processing the carbide material, we made a tool called Buran and finished it into a mirror finish

I will carve one by one carefully.

Failure is not permitted and it will be work after the movement is nearly completed, so it will be very nervous work.

 

The movement which was engraved (engraved) in this way further enhances the value as a clock

Like a craft that the same thing is not done as one

 

I am devoting my mind to be a unique piece of only one.